排出者の方へ

排出者責任とは?

法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)を守ること。


1. 廃棄物の排出者に対しては、排出する廃棄物のを適正に処理するために関する「責任」を負うべき、とする基本的な考え方があります。これを「排出者責任」と呼んでいます。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」でも、事業活動に伴って生じた廃棄物について「自らの責任において適正に処理しなければならない」と規定されています。


2. さらに、廃棄物の処理を委託するに当たっては、委託基準を遵守しなければいけません。廃掃法には、当該産業廃棄物について発生から処分、最終処分が終了するまでの一連の処理の行程における処理が適正に行われるために、必要な措置を講ずるよう努めなければならない、とされています。具体的には、委託時に当たっては、産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付し、業者から返送される産業廃棄物管理票の写しによりが送付され最終処分まで適正に処理されたことを確認する必要があります。交付義務、運搬または処分の状況を把握しなければなりません。